「出会い」と「共有」をコンセプトに“音の巡りが、人を巡らせ、季節を巡り、土地を巡る”
ジャンルも場所も選ばない旅をする祭り『巡音彩祭』
独自のイベントから様々なイベントのサポートまで呼んでもらえればどこへでも駆けつける 僕らの目指すものは Life Like Music!!!

巡音彩祭10th ANNIVERSARY

 

会場:代官山UNIT/ SALOON / B1FLAT(旧UNICE)
日時:2019年11月3日
開場/開演:14:00/ 14:30
料金:無料(投げ銭) *入場時要2ドリンク代
 
[LIVE]
 
-UNIT -
JABBERLOOP /  LastElectro /  jizue /  YOUR SONG IS GOOD /  toconoma
 
-SALOON –
no entry /  バーバーフィッシュ /  vongsign /  Muff
 
-B1FLAT -
Shiki /  Kim Wooyong /  BLU-SWING
 
[FOOD]
キッチンconro
 
[DJ]
Alegre crew /  CrossYou(RIDDIMATES/HeiTanaka) /  DJ RYU (toconoma) /  dj ryu

*ATTENTION
・整理番号の発券はありませんので並んでいただいている方からの入場となります
・再入場は可能ですが再入場の際も2ドリンク代がかかります
・会場のキャパシティー上入場規制がかかることもありますのでご了承ください
・混雑するかもしれませんが是非楽しんでいってもらえればと!
UNIT⬇︎

JABBERLOOP

 

Last Electro

 

jizue

 

YOUR SONG IS GOOD

 

toconoma

SALOON⬇︎

no entry

 

バーバーフィッシュ

 

vongsign

 

Muff

B1 FLAT⬇︎

Shiki

 

Kim Wooyong

 

BLU-SWING



WORKS

 Muff

 

RETRO FUTURE

 

2018.4.25

muff →info


toconoma

 

BLUE YARD -LIVE AT LIQUIDROOM-
2018.04.11

toconoma →info


バーバーフィッシュ

 

Jamming Bird

 

2018.2.14

バーバーフィッシュ →info


JABBERLOOP

 

NEW
2017.09.06

JABBERLOOP →info


toconoma

 

NEWTOWN
2017.07.06

 toconoma →info


Three Primary Colors

 

Rainbow Tree
2016.06.22

Three Primary Colers →info


金 佑龍

 

ling lom
2015.07.01

金 佑龍 →info


 no entry

 

yes
2014.09.03

no entry →info


 

 
 

Airtist

 

Muff

FUNKYにうねるグルーヴ。表情豊かに自在変化するギターアンサンブル。極上インストゥルメンタルJAM FUNK BAND「Muff」
一期一会なジャム遊びによってカラフルに表情を変化させるダンサブルでファンキーでピースフルなグルーヴィートリップサウンドを軸に全国のフェス、パーティーシーンで活躍。
2012年に全国リリースした2ndアルバム「Total Exprience」は多くのゲストミュージシャンが参加した名作となり、今もなお売れ続けている。
2014年7月、FUJIROCK FESTIVAL 2014に出演し、満員のGYPSY AVALONステージですばらしいパフォーマンスを披露。大成功を収める。
2015年10月21日ニューアルバム「HELLO, NEW WORLD」が全国一斉発売。Mountain Mocha Kilimanjaroのファンキーオルガニスト、Mzoこと溝口祐毅がアルバム制作より急遽、正式メンバーとして加入が決定。オルガンサウンドとの構築でさらに深みのある音世界を表現することに成功。5人の音+@がぎっしりと詰め込まれた、全9曲、60分を超える超大作が完成!
2016年、5人編成の新生Muffは全国各地のフェスやクラブイベントで精力的にライブ活動を行なうが、Mzoがより深いFUNK MUSIC追求のため、2016年12月で脱退。
2017年1月、新メンバーとして大阪より上京してきた鍵盤奏者、飯原直樹が正式加入。現在の形となる2018年4月25日NEW ALBUM「METRO FUTURE」をリリース
 

 

JABBERLOOP

DAISUKE (Sax) / YUKI (Bass) / MELTEN (Keyboard) / MAKOTO (Trumpet)
 
東京を拠点に活動するインストバンド。オリジナリティ溢れる音楽性を持ち、海外、野外フェス、ジャズクラブなど幅広い範囲でのライブ活動を行っている。印象的なメロディーを持つ楽曲が多く、多方面で評価される。(CMタイアップ、プロダンサーが使用、ダンスコンテストでの定番曲、テレビやラジオでの高い使用率、高校野球の応援曲、吹奏楽やエレクトーンでのカバー演奏など様々)
 
-------------------------------------------
2004年京都にて結成。
2005年メンバーが現在の体制となり、活動の拠点を東京に移す。
2006年ストリートライブやクラブイベントを中心に勢力的にライブ活動を行う。
2007年1stアルバム『and infinite jazz...』をコロムビアよりリリース。同時期にロンドンで12インチアナログ『UGETSU』のリリースし、ジャイルス・ピーターソンがイギリスのBBCラジオでプレイするなど海外で大きな話題を呼ぶ。
2008年リミックスワークやプロデュースワークなど、他アーティストとのコラボレーションを勢力的に開始し、初のワークスアルバム『infinite works』をリリース。
2009年2ndアルバム『CHECK THIS OUT!!』をリリース(収録曲『シロクマ』がiTunesのジャズチャートの1位を長期に渡って獲得し、今なお上位を守り続け現在はバンドにとっての代表曲となっている)。ミニアルバム『OOPARTS』をリリース。アルバム『REVENGE OF THE SPACE MONSTER』を全米でリリース。初のライブアルバム『LIVE at MOTION BLUE YOKOHAMA』をリリース。
2010年3rdアルバム『攻め燃える』をリリース(収録曲『Round-Mirror Moon』がiTunesのジャズチャートの1位を長期に渡って獲得)。同作は、iTunesStoreのRe:WIND(年間最優秀アルバム)の国内ジャズ部門を獲得する。台湾のラッパーSOFT LIPAとの共作アルバム『経典!』をリリース(収録曲『dental driller』が人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン2011』に使用される)。
2011年アルバム『経典!』で台湾最大の音楽賞”第22届金曲奨”(台湾政府が主宰し、台湾版グラミー賞と呼ばれている)にて年間ベストアルバムにノミネートされる。スクエア・エニックスの人気コンピ『More SQ』に参加。台湾でアルバム『台湾特選集』をリリース。
2012年自身の主宰するレーベルINFINITE RECORDSが始動。同レーベルよりデビュー5周年記念盤となる4thアルバム『5』をリリース。
2013年初のライブDVD『555 JABBERLOOP THE 5TH ANNIVERSARY DVD』とソノダバンドとの2マンの様子を収めた『SUMMERに向けてまっしぐらツアーLIVE DVD』2タイトルを連続リリース。初のジャズクラブのみのライブツアー『JAZZ目線』を開催し好評を博す。
2014年1月1日6枚目のフルアルバム『魂』をリリース。12月12日台湾盤『魂』をリリース。それに伴い台北Legacy 台中Legacyでワンマンツアーを行う。
2015年4月Vofeaturing album『feat.』をリリース同年8月、バンドの東京進出10周年を記念し、自らの企画・ブッキング・プロモーションにて、滋賀県・琵琶湖にて、『MOTHER LAKE JAZZ FESTIVAL 2015』を開催、大成功を収める。
2016年3月、東京・原宿クエストホールにて『マザレフェス2016』を開催。4月29日『マザレフェス宮崎』を開催。6月、音楽を担当(作曲&演奏)した劇場公開映画「マザーレイク」(出演:別所哲也・鶴田真由、監督:瀬木直貴)が公開される。7月30日には第2回となる、『MOTHER LAKE JAZZ FESTIVAL 2016』を開催、大好評を博す。8月11日『サルタフェスタ×マザレフェスin 高千穂』を開催10月1、2日『マザレフェスin 八丈島』を開催

 

 

toconoma

(Pf.)Nishikawa Ryutaro
(Gt.)Ishibashi Kotaro
(Ba.)Yako Ray
(Dr.) Shimizu Ikuya
 
Passionate dance beat makes a emotional melody in the groove from Japan.
 
2008年東京渋谷にて結成。情熱的なダンスビートから生まれるグルーヴに、感情的なメロディー。歌は無くとも、それ以上に伝わる何かがそこにはあった。紡がれた音はジャンルという壁を乗り越え、シーンの彼方を切り拓く。
 
-------------------------------------------------
2013年8月には、エンジニアにクラムボン、SPECIAL OTHERS等を手掛ける星野誠氏を迎え1st ALBUM「POOL」をリリース。タワーレコードバイヤー選ぶ”タワレコメン”へ選出、タワーレコード年間JAZZチャート9位、タワーレコード渋谷店年間アワードを獲得
 
2014年7月には1st以前に作成した自主音源「toconomaEP」のリマスタリング版をタワーレコード限定でリリース後即ソールドアウト、10月15日2ndAlbum「TENT」をリリース
 
SUNSET LIVE、GREENROOM Fes.、朝霧JAMなど野外イベントへの参加のほか、大阪、東京でのワンマンライブ、自主企画ツアー『tocojaws』(東京、名古屋、大阪、京都、仙台)は全てソールドアウト。2017年6月3rd ALBUM 「NEWTOWN」をリリース!ツアーファイナル恵比寿LIQUID ROOMを含め全国9か所のリリースツアーを開催。2018年4月ソールドアウトで迎えた恵比寿LIQUID ROOMツアーファイナルのライブの模様を収録したLIVE CD/DVD2枚組をリリース。FUJI ROCK’18 (FIELD OFHEAVEN stage)にも初出場を果たし、10周年ワンマンツアーとして東京・TSUTAYA O-EAST(SOLDOUT)、香港TTN等4カ所で開催
 

https://toconoma.xii.jp

 

 

バーバーフィッシュ

ナカタダイ (Gt.Vo.)
カワイユウタ(Gt)
ヨシハラケイタロウ (Ba)
ワカバヤシプゥ(Dr)
 
-------------------------------------------------
 
"Psychedelic・Jam・Band”と称される4人組。
親しみやすいメロディと不思議な説得力を持つ歌詞、リラックスしたヴォーカル、 ファンキーなロックやレゲエをベースにテンポ・チェンジや変拍子を多用した展開に富んだスペーシーなサウンドには、緊張と弛緩が共存している。
 
2014.5.21.フルアルバム「Happy Sun Magic」
2018.2.14.フルアルバム『Jamming Bird』をリリース
 
2018年より、セルフプロデュースによるパーティー Cosmic Jammin'を不定期に開催
 

 

金 佑龍

金 佑龍(キム ウリョン)
K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を目指す旅する酔いどれ吟遊詩人。
2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し
2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、
John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.Aや
FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。
 

 

no entry

オーガニックグルーヴとエレクトロフィーリング、至福へ誘うキャンプトロニカバンド。 オールドヒッピーの村の祭りから国内外の野外フェス、レイヴ、クラブ、ライブハウス、カフェなどあらゆるパーティーでライブを展開。
2008年1st Album『daydream trip』リリース。 収録曲がiTunes storeジャンル別ワールドチャート1位、映画『BECK』に使用されるなど好評を得る。 野外フェス『UNITE!!!CAMP』をオーガナイズ。 2012年には2nd Album『FUTURE WITH HOPE』をリリース。 各地のフェスを巡るリリースツアーファイナルは初のワンマンライブで200人を動員。 2013年エレクトロニカアーティスト、sphontikとのコラボシングル「春」をデジタルリリース。 台湾最南端のビックフェス「SPRING SCREAM 2013」に出演。 現地のパーティーピーポーから熱い支持を得る。2014年メンバーチェンジを経て3rd Album「yes」をリリース。
東海ラジオ、今月のパワープレイプッシュに選ばれるなど好評を得る。
2015年FUJI ROCK FESTIVAL出演、Gypsy Avalon Stageにて多くのフジロッカー達を沸かす。
 

 

Three Primary Colors

山城 徹 (Gt)、村田 エミ (Key.Ba)、Hiroyuki”PiRO”Nakayama (Dr)
 
メロウでピュアでグルーヴィ、それぞれの個性を調和させた音の三原色「Three Primary Sounds」を目指す。
 
2012年より活動を始め、ライブハウス、ジャズバー、クラブ、野外フェスなど様々な場所で演奏。
2013年に1st Album「Three Primary Sounds」をリリース。
全曲一発録りに拘った臨場感と緊張感に溢れた渾身の一枚はJ-JAZZ界に注目され、各方面で話題となる。
リリースに伴い初の全国ツアーも成功させ、自身のイベントではDJ.社長(SOIL&”PIMP”SESSIONS)、韻シストと共演し注目を集める。
2016年6月リリース予定の2nd Album「Rainbow Tree」はバンドの成長と進化、元晴(SOIL&"PIMP"SESSIONS)、YUKI (JABBERLOOP)、Hiro-a-keyをフィーチャリングした楽曲による更なる音楽性の広がりを見せている。
 

 
 
 
©️COPYRIGHT"JUNONSAISAI"ALL RIGHTS RESERVED.